症状別インソール

「アシマル インソール」は症状別にアイテムを取り揃えています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA    OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERA    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンフォート(標準足用)ローアーチ(偏平足用) レディースコンフォート(外反母趾用)スリムフット(O脚用)

足の悩みの大半は、「偏平足」「外反母趾」「O脚」の3つ。

高価なオーダーメイドインソールを注文する方の悩みも、上記の3つ。

ちなみにアシマル症状別インソールの価格は

アシマル コンフォート(標準足用)¥2,100[本体価格]

アシマル ローアーチ(偏平足用)¥2,100[本体価格]

アシマル レディースコンフォート(外反母趾用)¥2,100[本体価格]

アシマル スリムフット(O脚用)¥2,100[本体価格]

「アシマル症状別」は整形外科でも取り扱われている信頼性のある「症状別インソール」です。高価なオーダーインソールを作る前に、試す価値ありです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

アシマル オールインスポーツ 特許その1

「アシマル オールインスポーツ」・・・横方向対応機能はアシマルの特許技術。

裏面外側(小指側)に装着された硬質の赤いラバーにより、横方向に重心移動が行いやすくなっています。多方向の運動に対応できることで、全てのスポーツに威力を発揮。プラスチックが俊敏性を高め、パフォーマンスを向上します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

対応スポーツ:テニス、バドミントン、卓球、ハンドボール、フットサル、ラグビー、アメフト、野球、ゴルフ、ホッケーなど様々なスポーツに対応できます。

※その他特徴:①表面に強度のある生地を使用 ②捻挫防止機能

「アシマル オールインスポーツ」で、1ランク上の技術を手に入れてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

足腰疲労の根本解決方法

インソールで足のバランスを良くすると、身体のバランスも良くなります。

そうすることで、疲労が根本的に解決されます。

ガイコツ

疲労の原因が足にある場合が多く、偏平足の場合、身体のバランスが崩れると左側のように負担がかかりやすくなります。

インソール装着により、右側の身体のバランスを手に入れると、筋肉や靭帯へのストレスが劇的に軽減されます。

膝、腰、背骨・・・足の負担だけでなく、身体の様々な個所の不安を解消できるでしょう。

要は疲労の原因は、足にあるわけですから、悪化している膝や腰をいくらメンテナンスしても、一向に回復しない、根本解決になっていないということになります。

疲労の原因が足のバランスにあることは非常に多く、まずはそこから手を付けるのが、基本的な考え方と言えます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ベストな素材を使用

「アシマル インソール」は、へたりの少ないスポンジ素材とプラスチック素材を採用しています。

このような素材を使用することはインソールメーカーである限り、必ず行わなければならないことです。

通常使用されているスポンジやプラスチックでは、変形をおこし、足のアーチをサポートできなくなります。体重がかかるとスポンジは薄く変形し、プラスチックはねじれて変形します。このように変形をおこす素材を使用しているインソールの場合、使いはじめは良いのですが、暫くすると、バランス良くアーチを支えることができなくなり、疲労が再発します。この場合再発する疲労は、想像を超えるほど身体に負担をかけます。

そのため、「アシマル インソール」に採用されている素材は、変形をおこしにくく継続的に同じバランスをキープできる素材を使用しています。そのことがインソールを生産するうえでの必須条件だからです。

反発試験

上図のように、「アシマル インソール」に使用しているスポンジの上にゴルフボールを落とすと上に跳ね返ります。変形をおこさないばかりか、強烈な反発力により、運動のパフォーマンスを向上します。

「アシマル インソール」に使用されているスポンジを手で触ってみてください。

なるほどとご理解いただけると思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

アシマル ランニング インソール

「アシマル ランニングインソール」⇒トレーニングでの安全性を高め、大会での完走率を高める工夫が施されています。

“ランナーが求めるインソールとは・・・” から開発が始まりまりました。

“ランナーが求めるすべてのものをインソールに取り入れました。”

①超軽量・・・筋肉疲労を軽減。

②通気性・・・汗をインソールの下に落とし、表面側をドライに保ち、足の蒸れを防ぎます。

③衛生面・・・銀イオン配合

④インサイド強化・・・オーバープロネーション(偏平足)を防止。直進方向性を高め、カカト、膝を守ります。

⑤グリップ力強化・・・インソール表面の微妙な凹凸によりグリップします。

⑤特殊プラスチック内臓・・・適切にアーチをサポートすることで、身体のバランス調整が可能、安全性を高めます。ナイロン素材による反発力が、パフォーマンスを向上します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

「アシマル ランニングインソール」で42.195kmを目指してください。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

新商品「アシマル レディースジェル」

「アシマルインソール」に新商品が発売されました。

サンダル、パンプス、ブーツ、バレエシューズなど女性靴に装着でき、足の疲れを防ぎます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           装着方法

効果       サンダル

透明ジェルなので、女性靴に簡単に装着でき、衝撃吸収とアーチサポートにより、女性の足の悩みに対応します。

「アシマル インソール」は足で本当に悩んでいる方を応援していきます。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

インソール職人

こんばんは。

プレスコントロール社は、創業25年を迎え、程よい年齢になってきました。

25年前、日本では「インソールって何?・・・」というほどの認知度の低さ。足の健康文化など存在すらしなかった・・・言いすぎですかね。しかし、まんざらそうとも言えないぐらい、足の健康に対して無頓着でした。そして、今でもその傾向は続いています。

その頃、私は、オーダーインソールの開発に明け暮れていました。インソール大国でもあるアメリカ、ドイツの研究。バイオメカニクス理論。日本人の足とは。などなど・・・・

しかし、オーダーインソールは高価で、ごく一部の人のアイテムでしかありませんでした。

そんな時、オーダーインソールと同じレベル または、それ以上のインソールが既製品で作れないか。という発想が頭をよぎり、海外工場に入り浸る日が何年も続きました。

何せ、日本のこだわり職人でございますから、海外工場にとってはさぞかし「うるさいやつ」という思いしかなかったでしょう。それはその筈、少しでも形状に納得しなければ金型改良が続くわけですから。要は金型の形状が問題でした。2年たっても満足する金型はできません。

そろそろ海外工場の担当者の堪忍袋の緒が切れる・・・・

寸前に「金型改良はすべて俺がやる。」という方針にしました。何回改良しても、ダメなのですから。やるのは私しかいなかった。ただそれだけの理由。

職人気質を通すことで、大変な思いをすることになります。来る日も来る日も、鉄くずだらけ 改良につぐ改良・・・・  今思えば、「あんなことようやったな。」しかありません。何がそこまでさせたのか。「変な背後霊が取りついていた!」それとも、「日本人の足の健康を守りたかった。」

私の手で行う金型改良はその後10年以上続くことになります。頭ではなく、手先の感覚と身体が改良技術を覚えていきました。

「めっちゃアナログや!」

これ以上ないというアナログな技術なわけです。それが最先端だったり、他社ではできなかったり・・・・

何よりも自負しているのは、こだわって作った金型でインソールを生産すると、優しさが伝わってくることです。

「天然木でできた姿勢を正してくれるイス」や「お気に入りのベッド」のように・・・とても優しい。

使う人が優しいと感じてくれる、そんなインソールを作り続けていきます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

『アシマル インソール』は 日本人に最適

こんばんは。

「アシマル インソール」は純粋に日本人の足のことを考えて開発されています。

日本人ってどんな足?

足には「3つのアーチ」があります。(縦内側アーチ 横アーチ 縦外側アーチ)

アーチサポート

日本人は「幅広の足が多い」ということをよく耳にしますが、足の横アーチといわれる部分が下方向に低下することで、足の幅が広がると言われています。

そのため、インソールの開発時には足の横アーチが下がらないように設計しています。要は、インソールに凸部を作って横アーチを下がりにくくするのですが、そのことで、足の幅が広がりにくくなり、美しい足形を保ちやすくなります。

また、横アーチの形成は外反母趾の予防になるとも言われています。

海外製のインソールには横アーチをサポートする凸部がないものもあり、日本人に必ずしもベストと言えないものを見かけます。

このように、欧米人と明らかに異なった足を持つ日本人。日本人には日本人に対応したインソールが求められます。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

「アシマル インソール」はバイオメカニクス理論

なぜ、偏平足だと疲れやすいのでしょう。

身体の土台でもある “足のバランス” は、高層ビルで言えば、基礎部分に匹敵します。高層ビルでも基礎に “ゆがみ” があると大きな問題になるのは想像がつきます。人間の身体も同じことで、土台の “足のバランス” が崩れていると、全身のバランスも崩れ、膝、腰、上半身にも悪影響を及ぼし、生活に支障をきたします。

ガイコツ3

皆さんはご自分の足のバランスのこと、ご理解いただいていますか?

アーチが低いと感じている方は、少しの運動でも疲れやすくないですか?

足のバランスを整ることで、全身のバランスも良好にする・・・実はインソールのみができる技なのです。

昨日まで悩んでいた方も、インソールを装着することで頭の中が晴れると思います。

今一度、ご自分の足を確認してみてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

『アシマル インソール』で元気に!

こんばんは。

ご使用されたお客様から、ありがたい感想をいただくことがあります。

膝をけがして走れなかったが、「アシマル」で走れるようになりました。・・・・・・・

腰が楽になりました。他のモデルも使いたいのですが、どれが良いですか。・・・・・・

など

やってて良かったと思う瞬間です。

 

【バイオメカニクス理論搭載】

インソールを装着することで、足、膝、腰、上半身のバランスをコントロールする。バイオメカニクス(日本語訳)は生体力学とも呼ばれます。

インソールの形状、傾斜、素材、硬度・・・

「アシマル」は、経験を繰り返すことで培ったバイオメカニクス技術により、間違いなく、膝、腰を守れるように設計されています。

一人でも多くの方が笑顔で元気になっていただく、その思いが「アシマル」には込められているのです。

カテゴリー: インソール | コメントは受け付けていません。