HOME > 会社情報
会社情報
足の健康を守り、笑顔が絶えない社会を作り出す
企業理念

足の負担で困っている100%の皆様に足の幸せを実感していただく。
「便利さの普及(歩く距離の減少)による足の弊害」
「ファッション性を重視した靴が足の健康を蝕む」
「歩行に支障をきたす高齢者の増加」
このような時代が生み出したリスクに対抗し、フットケア商品を通じて社会貢献する。

社会が必要とするフットケア商品の開発に邁進する。
嘘いつわりのない正当なビジネスを行う。
急激な発展より継続性を重視する。

代表からの御挨拶

超高齢化社会の到来により、日本の医療費は国民所得をかなり上回るペースで伸びています。
欧米では足の障害予防医学として、機能的インソールの着用が定着し、重要な地位を築いています。

便利さの普及(歩く距離の減少)により、足は退化し、「ウォーキングブーム」や「マラソンブーム」から見て取れるように「健脚」へのあこがれは日々増大しています。
街で歩いている人を見ていると、体を揺さぶりながら苦しそうに歩いている人、杖に頼って歩いている人、スポーツ選手は足に変調をきたし、引退を余儀なくされることをよく耳にします。
足の障害予防医学において、柱になるのがインソールです。
米国では.ポダイアトリスト(足専門医)がインソールの普及に努め、インソールが日常的に使用されています。

このような状況の中、足の健康を意識することが少なかった日本人も、疲労の原因が足にあることを理解し始めています。
しかし、我が国におけるインソールの位置づけはあいまいであり、適した情報を得にくいのが現状と言えます。
多品種多機能、高額なものから低額なものまで、数多くのインソールが販売されていますが、何が適したものなのか、どのように利用すればよいのか、消費者にとって判断が困難になっています。
(有)プレスコントロールはインソールの情報を整備し、必要とする人に適切なインソールを提案し、安全で高品質、しかも適正価格でお届けすることを目標としています。
そのことで、私たちのビジョンでもある「足の健康を守り、笑顔が絶えない社会を作り出す」を実現し、足の健康意識が向上していくことで、インソールの使用が日常的なものになっていくと考えています。

インソールが、今後生活者を支え、さらには日本国家の再構築に貢献する。大げさに聞こえるかもしれませんが、私たちプレスコントロールだから実現できると考えています。


オンリーワンへの取り組み
1989年から「将来、日本でも機能的インソールが必要になる」と考え、オーダーインソールの開発に力を注いできました。
教科書のないインソール開発の中で、少ない情報を頼りに無我夢中に勉強と開発を繰り返し、世界中のオーダー技術を網羅しました。
しかし、折角手にしたオーダー技術は庶民には高価すぎ、誰もが使用できるものではありません・・・・・・そんな状況の中、街には障害予備軍と言われる「足の疲労」に困っている人達で溢れかえっていました。
即刻、今までの自己満足的な開発を取りやめ、「適正価格で高品質なインソール」を開発することに方針転換しました。
現在販売している “アシマル” は庶民の皆様の「足の健康の礎」になっていると自負しています。
今思い起こすと、たった一人で降り立った海外の生産現場は、日本人を寄せ付けない、地獄絵と思えるほど不安な土地でした。
しかし、一つ一つの難題を乗り越えられたのは、「必ず日本人の足の健康を守って見せる」という気持ち・・・私が生まれ持った宿命なのだと思い返しています。いつ知れず、自社でしかできない開発方法を身に着けていました。
私のオンリーワンへの取り組みは、日本人の遺伝子でもある「職人魂」があったからできたもので、先祖様に感謝すると同時に、 私どもの技術で「足の幸せ」を世界に広げていきたいと考えています。
OEMからODMまで
OEM(Original Equipment Manufacturer)という受託製造型から更に進化したODM(Original Design Manufacture)を強みとしています。
インソールにおけるODMは、開発力だけではなく、市場を知り尽くしていなければ息の長い商品はできません。
そのため、素材、構造、デザイン、パッケージと様々なノウハウを提供し、成功するためのトータル力でお客様をサポートしています。
バイオメカニクス理論、特許技術、独自素材など一貫したインソール理論と、各マーケットを把握したパッケージ、POP戦略など真のODMとご評価いただいています。これまで培ってきたインソール開発技術に更なるイノベーションを付加させることで、よりスケールの大きなマーケットに取り組んでいきたいと意思を強くしています。躍進するプレスコントロールにご期待ください。

会社概要
創業 1989年 PRESS CONTROL JAPANとして創業
設立 2002年9月 有限会社プレスコントロール設立
資本金 300万円
役員 代表取締役社長 山本秀二
所在地 〒630-0245 奈良県生駒市北新町2番4号 MOIビル202号室
TEL 0743-74-2510
FAX 0743-74-3247
E-mail support@presscontrol.co.jp
取引先銀行 ・三井住友銀行
・南都銀行
主要株主 山本 秀二(代表取締役)
事業内容 1. インソールの開発、製造、販売
2. 義肢関連商品の開発、製造、販売
3. 海外商品の輸入(フットケア用品)
知的所有権 当社の技術は特許庁に登録されています。現在出願中のものも数点あり、技術開発に力を注いでいます。
アクセス
近鉄生駒駅 西改札口 徒歩2分
近鉄生駒駅 中央改札口 徒歩3分
PAGE TOP
インソールの試着体感ができるお店 ザ・スペース