HOME > インソールについて > 足腰疲労の原因
インソールについて
立体形状インソール
足腰疲労の原因

 足腰の疲労は ・・・ 足の3つのアーチの低下が原因

疲労の原因:3つのアーチの低下→足のバランスが崩れる→全身のバランスが崩れる→疲労限界

疲労は3つのアーチが低下することで足のバランスが崩れ、筋肉や靭帯や関節に負担がかかることで発生します。身体の土台でもある「足のバランス」が崩れることで、「身体のバランス」も崩れます。

 

※アーチが低下すると、足自体の衝撃吸収機能が損なわれ、身体に衝撃が加わることで、膝などを痛めることになります。


機能的インソールを装着すると:3つのアーチの確保→ニュートラル→全身のバランスアップ→快適

標準的なアーチを取り戻すと、全身もバランスアップし、それぞれのストレスが解放され、快適な生活を取り戻すことができます。

 

※足自体のスプリング効果により、衝撃吸収機能が発揮されます。



足のアーチは何故 低下するの 弱い足から バランスが崩れ、頑丈なはずの膝にダメージが。

足は細い骨からできていて、体重がかかるだけで変形をおこします。運動をすることで負担は大きくなり、さらにアーチが低下することも・・・・
アーチの低下スポーツ選手の怪我の多くはアーチの低下が根本原因。


主な症状は「偏平足」「外反母趾」「O脚」
症状により足型測定器に映る “足形形状” も異なります。


アシマル足型測定&試着台(コンフォートシリーズ)

標準足イメージ 標準足
疲れにくい足→程良いアーチ
足の関節がしっかりしているため、身体のバランスも維持され、身体にストレスがかかりません。
快適な状態
偏平足イメージ 偏平足
足のアーチが低下することで、足底筋、アキレス腱、ひらめ筋にストレスが生じます。慢性的になると、なかなか疲労が取れなくなることも。スポーツ選手は偏平足により、膝腰まで痛みを生じ、引退に追い込まれることも稀ではありません。
痛みが発生
外反母趾イメージ 外反母趾
日本人によくあるケース。足の幅が広がること(開張足)で、外反母趾に発展します。特に女性は要注意。婦人靴を履くことで、症状が悪化することがあります。
婦人靴を履くことで症状が悪化することも
O脚イメージ O脚
日本人の40歳以上の女性に多く見られる症状としてO脚があげられます。
O脚は農耕民族の習慣により、生じた弊害と考える学者もいるようです。
O脚
次へ
PAGE TOP
インソールの試着体感ができるお店 ザ・スペース