HOME > プレスコントロールについて > プレスコントロール社のインソール
プレスコントロールについて
プレスコントロール社のインソール

日本のインソール業界の現状・・・・・・
我が国におけるインソールの位置づけはあいまいであり、適した情報が得にくいのが現状と言えます。
多品種多機能、高額なものから低額なものまで、数多くのインソールが販売されていますが、
何が適したものなのか、どのように利用すればよいのか、消費者にとって判断が困難な状態です。
㈲プレスコントロールはインソールの情報を整備し、必要とする人に適切なインソールを提案し、
安全で高品質、しかも適正価格でお届けすることを目標としています。
そのことで、足の健康意識が向上し、インソールを日常的に使用していただくようになることが
私どもの存在価値と考えています。

バイオメカニクス理論を活用

身体のバランス調整プレスコントロールのインソールは
“足だけでなく身体のバランス調整まで行うことを目的としています。”

バイオメカニクスとは
生物の構造や運動を力学的に探求。特に骨格系に対する外力および内力の作用に関する研究で、生体力学とも呼ばれる学問分野。
バイオメカニクスでは、足のバランスを調整することで、身体全体のバランスにも影響し、膝、股関節、背骨、肩甲骨、頸骨までバランスが改善されるということが明らかにされています。

プレスコントロール社のインソールは、バイオメカニクス理論を活用することで、足だけではなく身体のバランスを改善することができます。

運動状態で、最適なアーチサポートができる

人はじっと静止していることは少なく、常に立ったり、歩いたり活動をしています。プレスコントロール社のインソールは、自然な歩行や運動状態で下肢の安定を考えたインソールです。無理やり矯正、固定するのではなく運動状態での下肢の安定が重要と考えています。
そのことで、身体全体のストレスを少なくし、各関節や腱や筋肉が協調的に動くことで適切な身体ケアーを可能にしています。
また、運動状態での下肢の安定を考えたインソールですので、リハビリだけでなく、スポーツ選手にも大きな支持を得ています。

即効性の高いバランス調整 【プラスチック素材を使用】

アシマル パワープラスチック
バイオメカニクス理論を実践するため、特殊形状で高硬度のプラスチックパーツを開発。体重に負けないサポート力を発揮し、即効性の高いバランス調整を行います。

“へたりにくい”スポンジ素材を使用 "

スポンジ素材に反発性の高い素材を使用。“へたりにくい” ことで長期的に足のバランスをコントロールします。また同時に、人間の足裏組織に近い衝撃吸収性能を合わせ持ち、足腰に負担をかけません。

“ヘたりにくい”素材で継続的にバランス維を維持

“プラスチック” と “スポンジ” の複合素材



単純な足を支えるためのインソールではなく、スポンジとプラスチックを複合させることで「衝撃吸収」と「サポート力」を両立させています。この特殊構造により、「運動すること」【動的】と 「ベストな姿勢を保つこと」【静的】という相反する要素にも対応し、自然な形で足をサポートすることで、理想のフットケアを実現しています。

日本人にマッチするアーチ形状

カカト、親指の付根、小指の付根の3点を結んだ3角形部にアーチは形成されています。日本人に最適なアーチバランスを割り出していますので、どなたがご使用いただいても違和感なく使用できます。

横アーチと後足部アーチ
アーチイメージ

外反母趾対策【1】横アーチを標準装備
    ・・・日本人に必要なアーチ

日本人特有の開張足と、日本人女性特有の外反母趾に対応します。

後足部アーチ

偏平足対策【2】後足部アーチを重視
縦内側アーチのやや後ろ部分のサポート力を強化。カカト骨と距骨と呼ばれるREARFOOT(後足部)が安定します。



インソールの構造

数種類の構造により、「症状別」 「シューズ別」 「スポーツ種目別」 に対応します。
数種類の構造であらゆる要求、シチュエーションに対応できます。
次へ
PAGE TOP
インソールの試着体感ができるお店 ザ・スペース