会社情報

「足」と「人」と「心」に優しいインソールで 笑顔が絶えない社会を創り出す。

企業理念

「便利さの普及(歩く距離の減少)による足の弊害」
「ファッション性を重視した靴が足の健康を蝕む」
「歩行に支障をきたす高齢者の増加」
このような時代が生み出したリスクに対し、フットケア商品を通じて社会貢献する。

「履いてすぐ、違いを体感できるインソール」を提供し、
安全で高品質、しかも適正価格でお届けする。

インソールを日常化し、足の健康意識を高めることで、皆様の人生を
サポートしていく。

代表からのご挨拶

代表取締役 山本秀二 超高齢化社会の到来により、日本の医療費は国民所得をかなり上回るペースで伸びています。
欧米では足の障害予防医学として、機能的インソールの着用が定着し、重要な地位を築いています。
便利さの普及(歩く距離の減少)により、足は退化し、「ウォーキングブーム」や「マラソンブーム」から見て取れるように「健脚」へのあこがれは日々増大しています。街で歩いている人を見ていると、身体を揺さぶりながら苦しそうに歩いている人、杖に頼って歩いている人、スポーツ選手は足に変調をきたし、引退を余儀なくされることをよく耳にします。

足の障害予防医学において、柱になるのがインソールです。
米国では、ポダイアトリスト(足専門医)がインソールの普及に努め、特に機能的インソール(アーチサポートインソール)が日常的に使用されています。
このような状況の中、足の健康を意識することが少なかった日本人も、疲労の原因が足にあることを気付き始めています。
しかし、我が国におけるインソールの位置づけはあいまいであり、適した情報を得にくいのが現状と言えます。
多品種多機能、高額なものから低額なものまで、数多くのインソールが販売されていますが、何が適したものなのか、どのように利用すればよいのか、消費者にとって判断が難しくなっています。

(有)プレスコントロールはインソールの情報を整備し、必要とする人に適切なインソールを提案し、安全で高品質、しかも適正価格でお届けすることを目標としています。そのことで、私たちのビジョンでもある『「足」と「人」と「心」に優しいインソールで、笑顔が絶えない社会を創り出す。』を実現し、足の健康意識が向上していくことで、インソールの使用が日常的なものになっていくと考えています。
インソールが、今後生活者を支え、さらには日本国家の再構築に貢献する。大げさに聞こえるかもしれませんが、私たちプレスコントロールだから実現できると考えています。

オンリーワンへの取り組み

1989年から「将来、日本でも機能的インソールが必要になる」と考え、オーダーインソールの開発に力を注いできました。
教科書のないインソール開発の中で、少ない情報を頼りに無我夢中に勉強と開発を繰り返し、世界中のオーダー技術を網羅しました。
しかし、折角手にしたオーダー技術で作るインソールは高価すぎ、誰もが使用できるものではありません・・・・・・そんな状況の中、街には障害予備軍と言われる「足の疲れ」に困っている人達で溢れかえっていました。
即刻、今までの自己満足的な開発を取りやめ、「適正価格で高品質なインソール」いわゆる普及型のインソールを開発することに方針を転換しました。
そのことで、皆様が気軽に購入できるようになり、普及スピードを向上させることができました。
従来から販売している “アシマル” は日本の皆様の「足の健康の礎」になっていると自負しています。
今思い起こすと、たった一人で降り立った海外の生産現場は、日本人を寄せ付けない不安な土地でした。
しかし、一つ一つの難題を乗り越えられたのは、「必ず日本人の足の健康を守る」という強い気持ち。
いつの間にか、自社でしか開発できない技術を身に着けていました。

金型を手作業で調整 インソールは金型により生産されますが、金型はコンピューターにより設計されます。
しかし、インソールの微妙なアーチ形状とバランスは、コンピューターで設計することは困難で、手作業で形状を調整する必要があります。
そのため、自ら金型改良を手掛け、完璧なバランスになるまで改良を続けます。

今や金型を手作業で調整できる技術者は皆無となっていますが、手作業で行わなければ出来ない商品・・・・・それが「機能的インソール」です。
プレスコントロール社はインソール界においては、世界唯一の技術を持ち、格段に性能の優れたインソールを作り出すことができます。

技術開発から普及、販売まで

新発売した“アシサプリ メディハーフ”は、プレスコントロール社が初めて国内で生産する機能的インソールです。
製造拠点を海外から日本に回帰させることで、技術の漏えいを抑え、世界の皆様に貢献できるインソールの開発を行っていきます。
アシサプリ メディハーフは、最先端のダブルインジェクション製法を用いることで、今まで成し得なかった高いサポート力と快適性の両立を可能とし、問題になっている過度に回内(アーチが低下)している足を、標準的なアーチに補正することができます。様々なシューズ、様々な目的に使用できることから、普及速度を高め、新たなインソールの歴史を作っていくことができると考えています。

普及速度を高めるためには、お客様に手に取っていただき、購入していただかなければなりません。
「目に留まる」「手に取る」「購入する」までのアプローチは、デザインやパッケージが行います。
特にパッケージと販促物には注力しており、男性だけでなく、女性の皆様に注目していただけることで普及速度を高めたいと考えています。

店頭では足形を測定できる装置を設置しています。実際に自分の足形を確認していただくことで、足の健康の重要性を実感していただき、インソールを選んでいただけます。
このように販促物を充実させることで、足の健康意識を高めています。 プレスコントロールのインソール

会社概要

社名
有限会社プレスコントロール
創業
1989年 PRESS CONTROL JAPANとして創業
設立
2002年9月 有限会社プレスコントロール設立
資本金
300万円
役員
代表取締役社長 山本秀二
所在地
〒630-0245 奈良県生駒市北新町2番4号 MOIビル202号室
TEL
0743-74-2510
FAX
0743-74-3247
E-mail
support@presscontrol.co.jp
取引先銀行
・三井住友銀行
・南都銀行
事業内容
1. インソールの開発、製造、販売
2. 海外商品の輸入(フットケア用品)
知的所有権
当社の技術は特許庁に登録されています。現在出願中のものも数点あり、技術開発に力を注いでいます。
アクセス
アクセスマップ
近鉄生駒駅 西改札口 徒歩2分
近鉄生駒駅 中央改札口 徒歩3分
横浜のランニングステーション ザ・スペース