インソールとは

欧米諸国では、足のアーチをサポートするインソールが日常的に使用され、足の健康を守る文化が浸透しています。それに比べて、日本人は足の健康意識が希薄で、足に悩みを抱えていても、インソールを有効に使用することができていません。近年、色々なインソールが販売されるようになりましたが、消費者は何を使用して良いのか判断できずにいます。

日本は足の健康に後れを取ったことで、足に悩みを抱える人が増え、健康寿命やスポーツ選手の寿命を延ばせずにいます。
このような日本の状況を解決するために、1989年よりインソールの研究を積み重ね、オーダーインソールに匹敵する量産型インソールの開発を推し進め、高品質で適正価格のインソールを生産してきました。このことで、アーチをサポートするインソールを普及させ、足の健康意識を高めることができたと感じています。

標準的なアーチを手に入れることで、簡単に足の健康は守られます。

足の健康においてアーチの低下が大きな問題になっています。偏平足というとなじみがあるかもしれません。 下図のように、足が過度に回内してしまうと、アーチが低下し、足腰膝に悪影響を与え、将来、大きな障害へと発展し、スポーツでは選手寿命を縮めてしまうことになります。 アーチの低下で悩む人は60%以上とも言われています。
便利さの普及(歩く距離の減少)により、偏平足は現代病とも言われています。現代社会で生活していくためには、機能的インソールを使用し、標準的なアーチをキープすることが必要不可欠になっています。

過度に回内している場合(疲れやすい足)

標準的なアーチの場合、足自体に衝撃吸収機能が備わり身体への負担を和らげます。 また、足指に力が入ったり足全体の機能が向上することで、快適な運動が行えます。

過度に回内している場合(疲れやすい足)

過度に回内(偏平足)している場合、カカト痛、足底痛、アキレス腱痛、シンスプリント、膝痛、腰痛などのリスクが高まります。

足には3つのアーチがあります。

過度に回内している場合(疲れやすい足)

足を標準的なアーチに保ってくれるのが機能的インソールの役割です。
機能的インソールを使用することで、あらゆる足の悩みが解消されます。

横浜のランニングステーション ザ・スペース