足腰膝の負担のメカニズム

足腰膝の負担はアーチの低下が原因と言われています。

アーチの低下(過回内)
アーチが低下することで、身体のバランスに悪影響を与え、関節や靭帯、筋肉に負担が増えます。
標準的なアーチ
標準的なアーチであれば、身体も良いバランスがキープでき、関節や靭帯、筋肉の負担が軽減されます。
標準的なアーチ

左図上図のように、標準的なアーチを備えている場合、 足にスプリング効果が生まれ、衝撃を効率よく 吸収することができます。

足のバランスは・・・・・・身体のバランスと直結しています。

足は身体の重さを支える土台であり、バランスをつかさどる最も重要な部分です。 しかし、足は細かなパーツでできているため、身体の重さや衝撃に耐えきれず、すぐに変形しようとします。アーチが低下(過回内)すると、関節や靭帯、筋肉に大きな負担を与え、障害へと発展します。
※足とは足首からつま先までの部分を言います。

標準的なアーチを手に入れることができれば
足の健康は守られます。

3つのアーチをサポート
次へ
横浜のランニングステーション ザ・スペース