アシマル・アシサプリ オンラインショップ

MENU

アシマル・アシサプリ オンラインショップ
  • カートを見る
1980円(税込)以上で送料無料!北海道、沖縄は半額

よくある質問

  1. プレスコントロールTOP
  2. よくある質問
皆さまからお寄せいただくよくある質問と回答をまとめました。そのほかご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
  1.  インソールはどのように選べばよいですか。
  2.  インソールの耐久性はどのくらいですか。
  3.  お手入れについてはどのようにしたら良いですか。
  4.  アーチサポート(立体形状)により違和感は出ませんか。
  5.  プラスチックが使用されていますが、何故ですか。
  6.  インソールを入れるとシューズがきつくなりませんか。
  7.  インソールが取り外しできない靴の場合はどれを選べばよいですか。
  8.  子供用はありますか。
  9.  “足腰膝の負担軽減”とありますが、本当ですか。
  10.  偏平足なのですが、改善するものでしょうか。
  11.  肩こり、腰痛、膝痛に効果はありますか。
  12.  カカト痛なのですが。
  13.  糖尿病で足裏に痛みが出やすいのですが、大丈夫ですか。
  14.  アシマル メンズコンフォートII ・ ローアーチII ・ レディースコンフォートIIはアーチの量に違いはありますか。
  15.  シューズの幅が5Eでも大丈夫ですか。
  16.  靴のサイズは25cm、足のサイズは24.5cmの場合、S:23.0-24.5とM25.0-26.5cmのどちらを選べば良いですか。
  17.  足のサイズが24.5cmですが、靴は24.5cmと25cmの両方持っています。
       両方ともインソールを装着したいのですが、この場合、靴のサイズによってインソールのサイズも
       変えた方が良いのでしょうか。
  18.  非常に安価なのですが、心配ないですか。
  19.  他社のインソールで¥5,000以上のものを見かけるのですが
  20.  何故、オーダーメイドがないのですか。
  21.  Agフォームとはなんですか。
  22.  一番硬くてサポート力があるのは?
  23.  一番衝撃吸収力があるのは?
  24.  ハーフインソールは、4種類あるのですが、何が違うのですか?
  25.  ハーフインソールは、ずれたり、滑ったりしませんか?
Q01. インソールはどのように選べばよいですか。
ページ上部のハーフインソール足の症状別シューズ別スポーツ別ボタンよりお選びください。
使用目的に合わせて多くのアイテムをご用意していますので、お求めのインソールが選べます。
ページ上部のメニューボタン(三)のハーフインソール足の症状別シューズ別スポーツ別よりお選びください。
使用目的に合わせて多くのアイテムをご用意していますので、お求めのインソールが選べます。
Q02. インソールの耐久性はどのくらいですか。
使用頻度、用途により異なります。スポーツでのご使用の場合は、3カ月~6カ月が目安です。

スポンジ素材はC-PROTECTを使用していますので、インソールに使用するスポンジ素材としてはもっとも耐久性があります。
歩行程度の使用では「2年以上使用している」ということもお聞きします。表面生地は耐久性に限界がありますので、交換の目安は、「表面生地がほころんだり、穴が開いてしまったとき」とご判断ください。シューズ を買い替える時に、インソールを新しくする方も多くいます。

※下記インソールはC-PROTECTを使用していません。そのため、C-PROTECTを使用しているインソールと比べると若干、耐久性に劣ります。
アシマル スペースフィットSP
アシマル キッズインソール
アシサプリ ランニングX
アシサプリ スポーツプロ
アシサプリ ナロー

アシマル レディースジェルⅡは、耐久性は高くなっていますが、剥がしたり、ごみの吸着により耐久性が落ちる場合があります。

アシサプリ メディハーフ、アシマル デイリーハーフプレミアム、アシマル アクティブハーフプレミアム、アシマル プラチナハーフプレミアム、アシマル カーボンハーフプレミアムはプラスチック+エラストマーを使用。
もっとも耐久性が高く、1年程度の使用に耐えます。
Q03. お手入れについてはどのようにしたら良いですか。
汚れた場合は、中性洗剤で手洗いし、乾いた布で水気を取り、自然乾燥させてください。
頻繁に水洗いすることは避けてください。洗濯機、乾燥機での洗浄は行わないでください。
「使い方・お手入れ」をご参照ください。
Q04. アーチサポート(立体形状)により違和感は出ませんか。
足のバランスが気になっている方は、アーチサポートインソールを積極的に使用するべきと思います。
怖がらずに、トライしてみてください。必ず、今以上に足の負担が軽減できます。
最初は土踏まずに違和感を感じるかもしれません。徐々に慣らしていけば違和感は少なくなっていきます。
アシマル・ アシサプリともに、標準的なアーチに設定していますので、必要以上にアーチを突上げたりしませんので、ご安心ください。気になる方は、スポンジ素材のアシマルからスタートしてみてはいかがでしょうか。
Q05. プラスチックが使用されていますが、何故ですか。
特に、アシサプリは「足のバランス」だけではなく、「身体のバランス」まで調整することを目的としています。硬質プラスチックを使用することで、しっかりと足をサポートし、そのことで身体のバランスまでニュートラルにすることが可能です。また、プラスチックは粘りと反発、たわみなど、足をサポートすることに適した性能を持っています。運動中に複雑な動きをする足を、バランス良くサポートすることができます。
Q06. インソールを入れるとシューズがきつくなりませんか。
ロングタイプのインソールを装着する場合は、もともと入っていたインソールを取り出して入れ替えてご使用ください。
そのことで、靴の中のスペースは変化せず、きつくなることもありません。
少しでも圧迫感を避けたい場合は、ハーフタイプや薄型のアシマル シンタイプをご使用ください。
使用上の注意に関しては「使い方・お手入れ」をご参照ください。
Q07. インソールが取り外しできない靴の場合はどれを選べばよいですか。
インソールが取り外せないシューズにインソールを入れると、靴内が窮屈になり、圧迫感が出る場合があります。
その場合は、ハーフタイプをお勧めします。上から入れるだけでOKで、靴内部が狭くても、圧迫感が出にくくなっています。
アシマル デイリーハーフプレミアムアクティブハーフプレミアムプラチナハーフプレミアムカーボンハーフプレミアムがおすすめです。
また、アシマル シンタイプはつま先までのロングタイプですが、薄型設計のため圧迫感が出にくくなっています。

インソールが取り外せないシューズに、そのままロングタイプを装着すると、圧迫につながりますのでご注意ください。
ロングタイプのインソールは、靴にもともと入っているインソールと入れ替えてご使用ください。
Q08. 子供用はありますか。
アシマル キッズインソールお子様におすすめです。
S:16.0-17.5cm
M:18.0-19.5cm
L:20.0-21.5cm
子供用のインソールですが、アーチ補正ができますので、アーチが少なめのお子様にもお勧めです。

お子様には、大人用インソールのXSが使用できます。
アシマル スペースフィットSP XS20.0-22.5
アシサプリ スポーツプロ XS21.0-22.5 アシサプリ ジャンプスポーツ XS21.0-22.5
アシサプリ スパイクプロ XS21.0-22.5 アシサプリ ナロー XS21.0-22.5 アシサプリ スポーツ XS21.0-22.5
その他機種は22.0cmもしくは23.0cmからありますので、お子様の靴の大きさをご確認のうえ、ご検討ください。
Q09. “足腰膝の負担軽減”とありますが、本当ですか。
足腰膝の負担の原因は、アーチの低下(偏平足)です。偏平足になる根本原因は、カカトの回内という症状です。
そのため、カカトの回内を防止できれば、負担を軽減することができます。
アシマル、アシサプリは既製品でありながら、カカトを安定させる構造になています。そのため、アーチサポートだけのインソールよりもアーチ補正能力が高く、足腰膝の負担を軽減することができます。
※「機能説明」のBiomechanicsバイオメカニクス理論をご確認ください。
Q10. 偏平足なのですが、改善するものでしょうか。
偏平足を改善するためのツールとしてインソールは非常に有効です。アシマルとアシサプリは偏平足の根本原因でもあるカカトの回内を防止する機能が付いていますので、アーチサポートだけのインソールより効果は期待できます。
また、長い時間インソールを使用する必要があります。「1足のシューズだけ使用し、他のシューズにはしようしていない。」このような使い方ではインソールの効果は期待できません。長時間使用することが重要です。ハーフインソールは入れ替えが簡単ですので、複数の靴に使いまわしできます。
アシマル デイリーハーフプレミアムアクティブハーフプレミアムプラチナハーフプレミアムカーボンハーフプレミアムで長時間インソールを使用するようにしてください。

しかしながら、重度の偏平足の場合、いろいろな方法を複合的に取り入れる必要があります。
例えば、
・歩き方を工夫する
・適切なシューズを選ぶ
・足指の運動を行う
・ストレッチを行う
・標準的なアーチの足のイメージをもつ
※このように症状改善には、トータルに検討する必要があります。ケアするためにまずはインソールからスタートすることで、その他の方法が有効に作用することは間違いありません。
※偏平足の方には、専用のアシマル ローアーチIIをお勧めします。スポーツで使用する場合はアシサプリをご使用ください。
Q11. 肩こり、腰痛、膝痛に効果はありますか。
アシマルとアシサプリは、カカトを安定させることで足関節のバランスをニュートラルに近づけるため、身体全体のバランス向上につながります。
そのため、ヒザ、股関節、腰、肩、頸骨など全身の骨格のバランス向上にもつながり、様々な効果があると考えます。
アシマル デイリーハーフプレミアムアクティブハーフプレミアムプラチナハーフプレミアムカーボンハーフプレミアムがおすすめです。プラスチックでしっかりサポートしますので、効果が期待できます。
Q12. カカト痛なのですが。
アーチが低くなること、または、足の使い過ぎにより、カカト痛(足底腱膜炎)になることがあります。
回復まで時間がかかり、無理をすると悪化することがあります。
原因は、アーチが低下することで起こりやすいため、インソールでアーチを支え、標準的なアーチを保つことが有効な解決策と考えられます。
Q13. 糖尿病で足裏に痛みが出やすいのですが、大丈夫ですか。
表面の軟らかい種類を選んでください。
アシマル メンズコンフォートII レディースコンフォートII ローアーチIIがおすすめです。
*上記機種は表面生地の下に軟らかいスポンジ(Agフォーム)を装着していますので、足に優しくフィットします。
*医療用では、糖尿病専用のインソールもありますので、医師にご相談ください。
Q14. アシマル メンズコンフォートII ・ ローアーチII ・ レディースコンフォートIIはアーチの量に違いはありますか。
アシマル メンズコンフォートIIは、標準的なバランスの良いアーチ形状になっています。
ローアーチIIは、偏平足に対応するため内側が全体的に高くなっています。
レディースコンフォートIIは、横アーチ部分と内側アーチが高めになっています。
*3タイプは衝撃吸収性に優れるため、シニアにも安心してご使用いただけます。
Q15. シューズの幅が5Eでも大丈夫ですか。
シューズ底のアウトソールの幅は、幅広のシューズと幅狭のシューズとほとんど変わりません。アッパーと言われる上部の生地部で幅の調整していることが多く、インソールの幅自体はシューズの幅にあまり左右されません。アシマル、アシサプリともに、5Eまでは対応可能です。
Q16. 靴のサイズは25cm、足のサイズは24.5cmの場合、S:23.0-24.5とM25.0-26.5cmのどちらを選べば良いですか。
靴のサイズに合わせてインソールのサイズを決めてください。この場合Mサイズを選んでください。
アシマル デイリーハーフプレミアムアクティブハーフプレミアムプラチナハーフプレミアムカーボンハーフプレミアムは、足長サイズでお選びください。
Q17. 足のサイズが24.5cmですが、靴は24.5cmと25cmの両方持っています。
両方ともインソールを装着したいのですが、この場合、靴のサイズによってインソールのサイズも変えた方が良いのでしょうか。
靴のサイズの小さい方に合わせて、同じサイズのインソールを装着することをお勧めします。
この場合、24.5cmの靴に装着できるインソールサイズを2つ購入します。そして、25cmの靴にも同じサイズのものを後方(カカト部)に合わせて装着します。
25cmの靴に少し小さなインソールを装着すると、「中でインソールがずれたり、足がインソールからはみ出すのでは」と心配になりますが、インソールの裏面が滑りにくくなっていますので、靴の中でずれることはありません。また、足がインソールからはみ出すこともありません。
Q18. 非常に安価なのですが、心配ないですか。
インソールに使用する素材、製造コストからすると、平均的な価格と言えます。
また、足の健康文化を普及することがインソールメーカーの仕事ですので、気軽に購入できる価格帯に設定しなければなりません。
アシマルとアシサプリは¥2,000台でも、オーダーインソールに負けないサポート力と、快適性を備えています。
特にカカトの回内を防止できますので、既製品としては非常に高い性能を備えていると言えます。
Q19. 他社のインソールで¥5,000以上のものを見かけるのですが。
弊社は高品質、適正価格を目指して開発を続けています。値段が高いと100%の皆様にご使用いただくことが難しくなります。そのため、価格を抑え、どなたでも購入できる価格帯に設定しています。
Q20. 何故、オーダーメイドがないのですか。
弊社の発足当初は、オーダーメイドを作成し販売する会社でした。世界のオーダー技術を網羅しましたが、すべての人に足の健康を守ってもらうためには、オーダーメイドではなく、普及型のインソールを開発しなければならないと考えています。
また、日本には薬事法が存在します。足形に沿って成型をして、治療することを連想させることはあまり良くありません。そのため、細かく目的別にインソールを開発することでお客様がオーダーをしなくても、ご希望のインソールを選べるようにしています。

例えば、
アシマル ウォーキングIIは1cm刻みのサイズレンジでアーチの距離と量を変えていますので、オーダー感覚でフィットします。
・アシマル コンフォートシリーズは症状別に対応しています。
・ハーフタイプのインソールは硬質プラスチックにより装着してすぐに標準的なアーチに補正することができます。
また、オーダーメイドは作成する人の技術や経験により、品質に大きな差が生じます。
あくまで医療機関で作成するものだけをオーダーメイドと位置付けています。
Q21. Agフォームとはなんですか。
AgFoam(エイジーフォーム)銀イオン配合Agフォームとは、抗菌通気性を確保するために開発したスポンジ素材です。
抗菌性においては、「オーガニックAg(銀イオン)」+「ナノテクノロジー」により安全性の高い抗菌効果を実現。銀イオン効果で長期間、臭いの発生を抑えます。
また、通気性においては、息を吹き付けると反対側に透過する高いレベルの通気性があります。
連続発泡スポンジのため空気と湿気を透過させ、表面をドライな状態に保ちます。

搭載機種:
アシマル メンズコンフォートIIアシマル レディースコンフォートIIアシマル ローアーチII
アシマル スペースフィットSP
Q22. 一番硬くてサポート力があるのは?
1番目: ・アシマル カーボンハーフプレミアム
2番目: ・アシサプリ メディハーフ ・アシサプリ スポーツ ・アシサプリ ウォーキング
3番目: ・アシマル アクティブハーフプレミアム ・アシマル プラチナハーフプレミアム
Q23. 一番衝撃吸収力があるのは?
1番目: ・アシマル メンズコンフォートII ・アシマル レディースコンフォートII ・アシマル ローアーチII
2番目: ・アシマル レディースジェルII
3番目: ・アシマル ウォーキングII
4番目: ・アシサプリ ジャンプスポーツ
Q24. ハーフインソールは4種類あるのですが、何が違うのですか?
硬度が違います。硬いほどサポ―ト力が強く、軟らかいほどサポート力は弱くなります。

アシマル
デイリーハーフプレミアム(配合素材:ナチュラル)硬さレベル3
アクティブハーフプレミアム(配合素材:グラスファイバー)硬さレベル4
プラチナハーフプレミアム(配合素材:グラスファイバー+プラチナ+トルマリン)硬さレベル4
カーボンハーフプレミアム(配合素材:カーボン)硬さレベル5

詳しくは「ハーフインソール」をご確認ください。
Q25. ハーフインソールは、ずれたり、滑ったりしませんか?
AgFoam(エイジーフォーム)銀イオン配合軟質エラストマー(楕円部分2カ所、カカト部)により滑りを止めます。
インソールがシューズ内でずれることがなく、足とインソールが滑ることもありません。

商品を探す

ヒントナビ

スポーツ別で探すスポーツ別で探す

PAGE TOP
税込1,980円以上のご注文で配送料無料(北海道、沖縄は半額に)